• ID : 885
  • 公開日時 : 2018/02/26 16:10
  • 更新日時 : 2019/12/26 13:28
  • 印刷
ALL

Windows10を利用するにあたって、何か注意制限事項がありますか。

beat サービスを利用しています。Windows®10を利用するにあたって、何か注意制限事項がありますか。
カテゴリー : 

回答

下記の一覧表を参照ください。
 

「beat/anti-virus」、「beat-access LE」の注意制限事項事項は、Windows7/8.1からWindows10へアップグレードしたPCについてのご案内です。
新規にWindows10をご購入された場合はあてはまりません。
機能名または
ソフトウエア名(略称)
注意制限事項
beat/anti-virus Windows® 10 への
アップグレード
事前に「beat/anti-virus(beat/anti-virus 4.0またはbeat/anti-virus VSP3.0)」をアンインストールしてください。
OSのアップグレード後に最新バージョンの「beat/anti-virus 4.0」をインストールしてください。※1
OSのアップグレード時の通信状況などにより、インストール済みの
「beat/anti-virus」が正しく動作しない事象を確認しております。
Windows® 7/8.1への
ダウングレード
OSをダウングレードする際は「beat/anti-virus」をアンインストールせずに実施してください。
OSのダウングレード前に、「beat/anti-virus」をアンインストールすると、
アプリケーションの状態に不整合が生じ、再インストールが行えなくなる事象を確認しております。
beat-access LE Windows® 10 への
アップグレード
事前に「beat-access LE」を、最新版へバージョンアップしてください。※2
バージョンアップ後に、OSをアップグレードしてください。そのままご利用いただけます。
「beat-access LE」を、2.0.7以前の状態で、OSをアップグレードした場合は、
「接続定義ファイル」の再発行と再読み込みが必要となります。
Windows® 7/8.1への
ダウングレード
OSをダウングレードする際は「beat-access LE」をアンインストールせずに実施してください。
ダウングレード後は「接続定義ファイル」の再発行が必要になる場合があります。
OSのダウングレード前に、「beat-access LE」をアンインストールすると、
アプリケーションの状態に不整合が生じ、再インストールが行えなくなる事象を確認しています。
メールサービス ※3 Windows® 10 標準メールソフトのご利用は控えてください。
Windows® 10 標準メールソフトにおいて、以下2つの事象を確認しております。
  • ウイルスを検知した際、beat-boxから送信される通知メールの「送信者」と「件名」が
    元のメールのままになってしまう。

    ※正常な動作では「送信者」が「beat-box@net-beat.com」、
     「件名」は「受信したメールからウイルスが検出されました」となります。
     
  • 迷惑メール判定機能が適切に動作せず、件名タグ(初期値は[spam])が付与されない。