• ID : 2677
  • 公開日時 : 2018/10/24 14:43
  • 更新日時 : 2019/06/21 16:17
  • 印刷
ALL

beat/anti-virus 4.0(Computer Protection)のマニュアルスキャンオプションについて

beat/anti-virus 4.0(Computer Protection)のマニュアルスキャンオプションについて
カテゴリー : 

回答

マニュアルスキャンには2種類のオプションがあり、スキャン開始前にあらかじめ設定をしておく必要があります。
設定手順は下記の内容をご確認ください。

マニュアルスキャンオプション設定手順

  1. タスクトレイから「Computer Protection」のアイコンをクリックします。
    【タスクトレイとは】
    スタートボタンのあるタスクバーの端、
    時計や音量などのアイコンが表示されている箇所です。
    「Computer Protection」のアイコンが表示されていない場合は、
    矢印をクリックし、隠れているアイコンを表示させてください。

     
  2. 「Computer Protection」メイン画面下側の「設定」をクリックします。

     
  3. 設定画面左下、「管理者権限で設定は保護されています。」の「設定を解除する」をクリックします。

     
  4. 「ユーザーアカウント制御」画面が表示されたら[はい]をクリックします。

     
  5. 左側メニューより、[スキャン設定]を選択します。

     
  6. 表示されたチェックボックスにチェックを入れることで、スキャンオプションを設定できます。
    【指定ファイルのみスキャン(高速)】
    本項目にチェックがあった場合、危険なファイル(例:実行ファイル)のみスキャンするので、
    スキャンにかかる時間を短くできます。
    チェックが無い場合は、すべてのファイルがスキャン対象となります。(デフォルト:オン)
     
    【圧縮ファイルをスキャン(低速)】
    本項目にチェックがあった場合、圧縮ファイルもスキャン対象に含みます。(デフォルト:オン)
 
以上で、マニュアル スキャンオプションの設定は完了です。