• ID : 1975
  • 公開日時 : 2018/11/14 10:04
  • 印刷
ALL

リアルタイム スキャンについて教えてください

回答

リアルタイム スキャンは、ファイルを開く・メール添付データを開く等のアクションを起こすタイミングで、
対象のアイテムを自動スキャンします。

リアルタイムスキャンの動作や、設定等の詳細は下記をご確認ください。

検出時

スキャン時にマルウェア(ウイルスやスパイウエア)を含むファイルが検出された場合、下記の通知が表示されます。
検出されたマルウェアは自動で駆除(隔離保存)されます。
駆除(隔離保存)された状態のマルウェアは、PCに害を及ぼすことはありません。

 

リアルタイムスキャンの有効/無効について

Computer Protectionのリアルタイム スキャンは、「有効」状態がデフォルトです。
基本的に、別途、設定等をおこなう必要はありません。

リアルタイム スキャンが「有効」状態の場合、Computer Protectionのメイン画面には下記のように表示されます。

     
 

※「詳細」をクリックすると「ステータスの詳細」が表示されます。
 

リアルタイム スキャンが「無効」状態の場合は下記のように表示されます。
ユーザーが任意で「無効」にしない限り、リアルタイム スキャンが「無効」になることはありません。

  

 

過去の検出記録

過去に検出したスキャン記録を確認したい場合は、下記手順で確認できます。
  1. タスクトレイから「Computer Protection」のアイコンを"右クリック"します。
    【タスクトレイとは】
    スタートボタンのあるタスクバーの端、
    時計や音量などのアイコンが表示されている箇所です。
    「Computer Protection」のアイコンが表示されていない場合は、
    矢印をクリックし、隠れているアイコンを表示させてください。
  2. 下記のコンテキストメニューが表示されたら「最近のイベントを表示」をクリックします。

     
  3. イベント履歴が表示されます。
    リアルタイムスキャンで、過去に検出した記録を確認できます。