• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • ID : 3740
  • 公開日時 : 2019/04/15 17:50
ALL

コンテンツフィルターの「有効/無効」を切り替えるにはどうすればいいですか?

サービスにより、設定方法が異なります。
ご利用のサービスを選択してください。不明な場合は、こちら
activeおよびsolo

回答

「active」及び「solo」の場合
  1. 下記、beat設定ページへアクセスします。
    [トップページ > 設定 > コンテンツフィルター管理 > フィルターの有効/無効]

     
  2. [フィルターを「有効」にする]または[フィルターを「無効」にする]を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。
    activeおよびsoloサービスでは、HTTPSフィルターの「有効/無効」も切り替え可能です。
    HTTPSフィルターを有効にするには、[フィルターを「有効」にする]に設定、且つ[HTTPSのフィルターを「有効」にする]が
    選択状態になっている必要があります。
    HTTPSフィルターとは、HTTPSプロトコルをフィルタリングするための機能です。
    有効にすることで、HTTPプロトコルおよびHTTPSプロトコルの通信をフィルタリングし、
    有害なWebサイトや業務上必要のないWebサイトへのアクセスを制限することができます。

    なお、HTTPSのフィルターを利用する場合、各端末に証明書をインストールする必要があります。
    詳細な証明書のインストール手順は下記FAQを参照してください。
    証明書をインストールするには?
  3. 設定内容を確認して、[設定]ボタンをクリックします。

     
  4. 下記の画面が表示されれば、設定完了です。

問題は解決しましたか?

このFAQに改善点があれば、お聞かせください。 ご意見はFAQの改善に役立てさせていただきます。

FAQでは解決しなかったら

お手数ですが、下記お問い合わせフォームからコンタクトセンターまでお問い合わせください。
お問い合わせ内容に、参照されたFAQのIDを記載いただけると対応がスムーズです。