• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • ID : 373
  • 公開日時 : 2018/02/15 20:17
  • 印刷
basic

シェアプリント使用時の注意点、制限事項などはありますか?

シェアプリント使用時の注意点、制限事項などはありますか?
カテゴリー : 

回答

シェアプリントでは、次の注意・制限事項があります。

  • プリント対象のファイルは「DocuWorksv文書」と「PDF」です。またスキャンしたファイルを保存する場合も「DocuWorksv文書」と「PDF」以外のファイル形式では保存出来ません。
  • シェアプリントで利用できる共有フォルダーは、該当の複合機が登録されているbeat-boxの共有フォルダーのみです。注1
  • サムネールは一定期間置きに作成されるため、共有フォルダーにファイルを格納した後しばらくは、サムネールが表示されない場合があります。注2 注3
  • パスワードで保護されている文書や印刷禁止の設定がされている文書は、シェアプリントでのプリントは出来ません。
  • DocuWorks文書内に複合機で利用できないフォントが含まれいている場合、正常にプリントできないことがあります。DocuWorks文書に変換する際に、[印刷設定]→[画質]→[テキストの設定]→[すべての文字を図形データに変換する]を選択してください。
  • PDFの文書内に複合機で利用出来ないフォントが含まれている場合、正常にプリントできないことがあります。PDFを作成する際にフォントの埋め込みを行ってください。
  • PDFに特殊なオブジェクト(JPEG2000や3Dオブジェクトなど)が含まれている場合、プリントできない場合があります。
  • 保存先のフォルダー名にカンマ(,)、またはセミコロン(;)が含まれている場合は、スキャンすることが出来ません。
  • メール送信機能は一定期間にまとめて送信しているため、スキャン文書を格納しても即時通知されるものでありません。
  • シェアプリントではファイル名に「℡」、「¦」、「〟」、「〝」、「"」、「'」が使用されていた場合、□と表示されます。
  • 複合機で認証機能を利用している場合、機械管理者モードではシェアプリントをご利用になれません。
  • 複合機で認証プリントを利用している場合は、プリントした文書が認証プリントに保存される場合があります。
  • 複合機でプライベートプリントを利用している場合は、プリントした文書がプライベートプリントに保存される場合があります。
  • 注1 複合機が登録されているbeat-boxに、共有フォルダーが一つも設定されていない場合、シェアプリントを利用することは出来ません。
  • 注2 サムネール表示されるのは「DocuWorksv文書」と「PDF」のみです。なお、PDFに特殊なオブジェクト(JPEG2000や3Dオブジェクトなど)が含まれている場合、サムネールが作成されないことがあります。
  • 注3 パスワード保護されている文書はサムネール表示されません。

ApeosPort連携機能ご利用時の注意事項についてはオンラインヘルプを参照してください。

[トップページ > 基本サービス > ApeosPort連携 > ご利用上の注意 ]

問題は解決しましたか?

このFAQに改善点があれば、お聞かせください。 ご意見はFAQの改善に役立てさせていただきます。

FAQで解決しなかったら

お手数ですが、下記お問い合わせフォームからコンタクトセンターまでお問い合わせください。
現在ご参照のFAQ IDが自動で記載されますので、そのまま送信ください。