• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • ID : 352
  • 公開日時 : 2018/02/14 20:33
  • 更新日時 : 2018/10/08 12:35
  • 印刷
basic

beat-boxの動作状態確認方法を教えてください

beat-boxの動作状態確認方法を教えてください
カテゴリー : 

回答

 

beat-box前面パネルのLEDインジケータに表示されるステータスコードをご確認ください。

LED表示 ステータスコード内容 対応・参考
L13 Internetポート(黄)のLANケーブル(黄)接続不良 LANケーブルが正しく接続されているか、ご確認下さい。
J13 Option NICポート(白:回線二重化の際の副回線)のLANケーブル(白)接続不良
L14 LANポート(青)のLANケーブル(青)接続不良
L15
(J15)
PPPによるDHCP不能 回線終端装置(ADSLモデム・ケーブルモデム・ONUなど)またはルーターを再起動し、10分ほど様子を見て下さい。
それでも復旧しない場合は、「beat設定ページ」からbeat-box本体を再起動して下さい。
●beat設定ページ
http://beat-box:8080/
または
http://<beat-boxのLAN側IPアドレス>:8080/
注1 注2
L16
(J16)
beat-boxがDHCPでIPアドレスを受け取れない
L17
(J17)
beat-boxが固定IPアドレスで通信できない
L19
(J19)
beat-boxから先、ISPまでのいずれかの障害
L20
(J20)
ルーターから先、インターネットまでのいずれかの障害
L21
(J21)
ISP障害(認証時)
L22
(J22)
ISP障害もしくはbeat-noc障害
L23
(J23)
ISP認証失敗
L24
(J24)
ISPとbeat-boxの固定IPアドレス不一致
L25
(J25)
ISP障害(非認証時)
L26
(J26)
ISPとインターネット間の接続障害
L27 beat-nocとインターネット間の接続障害
L50 スポーク拠点応答なし ハブ拠点のみに表示されます。
スポーク拠点に通信障害が発生していて接続できない場合のほか、自拠点に通信障害が発生している場合にも、他のコードと共に表示されます。
L51 ハブ拠点応答なし スポーク拠点のみに表示されます。
ハブ拠点に通信障害が発生していて接続できない場合のほか、自拠点に通信障害が発生している場合にも、他のコードと共に表示されます。
J01 副回線でインターネット接続中 「beat 回線二重化設定サービス」をご契約のbeat-boxのみに表示されます。
Axx
Pxx
beat-boxが起動中 長時間(15分以上)表示される場合には
beat コンタクトセンターにご連絡ください。
Exx beat-boxのリソース不足 beat コンタクトセンターにご連絡ください。
Hxx beat-boxのハードウェア障害
[   ] beat-box交換メンテナンス可能状態 最新型のbeat-boxへの交換が可能な旨の表示です。
※障害ではありません。
  • 注1 「Lxx」のステータスコードは、ご契約のISP、またはインターネット接続回線のサービスに障害が発生している場合にも表示されます。
  • 注2 「Jxx」のステータスコードは、「beat 回線二重化設定サービス」をご契約のbeat-boxにおいて、副回線に通信障害が発生している場合に表示されます。

上記以外のコードが表示された場合、または復旧しない場合は、beat コンタクトセンターにご連絡ください。

beat-boxステータスコード一覧表のダウンロード

上記の表がPDFファイルでダウンロードできます。
beat-boxステータスコード一覧表 [PDF:16KB]

PDFをご覧になるためには、Adobe? Reader?が必要になります。

Adobe Reader ダウンロードページ

問題は解決しましたか?

このFAQに改善点があれば、お聞かせください。 ご意見はFAQの改善に役立てさせていただきます。