富士フイルムビジネスイノベーション
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • ID : 29118
  • 公開日時 : 2021/02/01 11:08
  • 印刷
basicbasic2

外部メール連係時に入力する各項目の詳細を教えてください

外部メール連係時に入力する各項目の詳細を教えてください
カテゴリー : 

回答

beat設定ページにてメールボックスを追加すると、外部メール連係を行うことができます。
追加を行う際、下記の表とIDCの契約内容を元に各項目に入力してください。

 

外部メール連係の設定項目詳細

情報の種類 説明
メールアドレス IDCのメールボックスのアドレス。
例: fuji.taro@beat.co.jp
また、指定されたメールアドレスのドメイン("@"より右側)が、お客様ドメインと同じメールアドレスによる外部メール連係は、
利用者毎に1つしか追加することはできません。
メール受信サーバー
ホスト名
(IPアドレス)
POPサーバーまたはAPOPサーバーのホスト名。
ホスト名(IPアドレス)のあとにコロン「:」で区切ることによってポート番号を指定することも可能です。
IMAPサーバーを指定することはできません。
例: pop.foo.example.co.jp , pop.foo.example.co.jp:110
メールボックスの
アカウント名
受信サーバーなどが利用者を識別するための文字列(ログイン名、ログインID、ユーザー名などとも呼ばれます)。
例: fuji-taro
メールボックスの
パスワード
受信サーバーなどが利用者を確認するための文字列。
大文字と小文字が区別されることがあります。正確に入力してください。
例: F8m3dG(表示は******となります)
メールをメールボックスに [残す]または[残さない]を選んでください。
beat-box経由でのみメールを受信する場合には[残さない]にしてください。 ※basic2サービスは、この項目がありません。
通信の保護 [SSLを使用する]を選択すると、POP over SSLにより通信を暗号化します。
メール送信サーバー
ホスト名
(IPアドレス)
smtpサーバーのホスト名。POP-before-SMTPやSMTP Auth(entication)と呼ばれる送信者を確認する方式にも対応しています。
SMTP Authの場合、各種方式がありますが、すべての方式に対応しています。
ホスト名(IPアドレス)のあとにコロン「:」で区切ることによってポート番号を指定することも可能です。
例: smtp.bar.example.co.jp , smtp.bar.example.co.jp:587

25番ポートでのメール送信はプロバイダーによって遮断されていることがあります。
587番ポートを利用して、認証方式を「指定する」で設定することを推奨いたします。
認証方式 「[認証なし]または[標準設定を用いて認証]」または「指定する」を選択します。
送信サーバーの
アカウント名
[認証方式]で「指定する」を選択した場合、アカウント名を入力します。
送信サーバーの
パスワード
[認証方式]で「指定する」を選択した場合、パスワードを入力します。
通信の保護 [SSLを使用する]を選択すると、SMTP over SSLにより通信を暗号化します。

FAQで解決しなかったら

お手数ですが、下記お問い合わせフォームからコンタクトセンターまでお問い合わせください。
現在ご参照のFAQ IDが自動で記載されますので、そのまま送信ください。
 

問題は解決しましたか?

このFAQに改善点があれば、お聞かせください。 ご意見はFAQの改善に役立てさせていただきます。