• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 高度な設定 』 内を 「 beat-box 」 でキーワード検索した結果

14件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 「不正な通信」が検知された場合、どうすればよいですか。

    で200件表示します。 「アクセス履歴」の設定、ダウンロード、[不正な通信対策履歴]の詳細に関しては、beat-boxのヘルプをご参照ください。 [基本サービス > 高度な設定 > 表示 > アクセス履歴 > 履歴保存設定] [基本サービス > 高度な設定 > 表示 > アクセス履歴 > 履歴ダウンロード 詳細表示

    • ID:477
    • 公開日時:2018/02/15 13:52
    • 更新日時:2018/02/26 09:57

    • basic
  • 「Cisco AnyConnect Secure Mobility Client」を使用していますが、接続先と通信ができません。

    ※以下の記載は「Cisco AnyConnect Secure Mobility Client」のバージョン、 接続先や通信環境の組み合わせで、動作が異なる場合があります。 beat-box配下で「Cisco AnyConnect Secure Mobility Client」を利用できない場合、パケット 詳細表示

    • ID:48
    • 公開日時:2018/01/30 18:04
    • 更新日時:2019/08/13 10:51

    • ALL
  • 日付が変わったのに、表が更新されません。

    beat-boxの電源を落とし、翌日9時の始業時に電源を入れた場合、通常の時間帯に処理がおこなわれません。その場合、起動後に集計処理が開始されます。前日分のデータ量によっては処理に時間がかかり、レポートへの反映が遅れる場合があります。 詳細表示

    • ID:468
    • 公開日時:2018/02/15 16:13

    • basic
  • 回線をフレッツ・光プレミアムに変更しました。どのような変更を行えばよいですか。

    CTU(加入者網終端装置:NTT西日本から提供)と、beat-boxの設定変更が必要です。 注記 beat/ispをご利用の場合には、[ 使い方・設定・仕様編 > beat/isp ]をご参照ください。 beat/isp以外のISPをご利用のお客様は、[ 使い方・設定・仕様編 > 回線 > (ADSLから光回線 詳細表示

    • ID:351
    • 公開日時:2018/02/14 20:24
    • 更新日時:2018/02/26 16:46

    • basic
  • 「不正な通信対策」機能とは、どのような機能ですか。

    beat-boxを通過する通信パケットを監視し、以下の通信を検知・遮断する機能です。 a. インターネットからの応答パケットに含まれる不正なデーター b. ボット感染などによるbeat-box配下からの不正な通信注1 c. 禁止された通信アプリケーションの通信 その他、以下の機能が提供されます。 d. 検知 詳細表示

    • ID:473
    • 公開日時:2018/02/15 14:26

    • basic
  • メール送受信などの履歴を取得することはできますか?

    はい、但し「アクセス履歴」機能を有効にする必要があります。 beat-box高度な設定にある、「アクセス履歴」機能にて、設定を有効にすることで以下の履歴の保存が開始されます。 メール送信履歴 メール受信履歴 メール送信ウイルスチェック履歴 メール受信ウイルスチェック履歴 注記 初期状態では設定は無効です 詳細表示

    • ID:462
    • 公開日時:2018/02/15 16:37
    • 更新日時:2018/02/27 16:01

    • basic
  • 設定を「有効」から「無効」にした場合、設定内容は削除されますか。

    beat-box高度な設定ページの[不正な通信対策設定] 内の「詳細設定」にて、本機能を「無効」にしても現在設定されている内容は削除されません。再度「有効」にすれば、前回有効時の設定が反映されます。 注記 本機能を「無効」にした場合、「不正な通信」の遮断機能と共に、「特定アプリケーション」の検知・記録・遮断機能も 詳細表示

    • ID:478
    • 公開日時:2018/02/15 11:43

    • basic
  • 「不正な通信」、「禁止アプリケーション」は、それぞれどのような通信ですか。

    では、それぞれの「特定のアプリケーション」の通信について、個別に「遮断」「記録」「許可」の動作選択が出来ます。この設定で「記録」あるいは「遮断」の設定を行ったアプリケーションを「禁止アプリケーション」としています。 「不正な通信」は、WAN側/LAN側からbeat-boxを経由する通信のうち、beat-boxが「攻撃の 詳細表示

    • ID:474
    • 公開日時:2018/02/15 14:14

    • basic
  • 「不正な通信」があったか否かを確認するにはどうすればよいですか。

    「不正な通信」があったか否かを確認するには、以下の4通りの方法があります。 a. beat-box設定ページから「レポート参照」を確認する。 b. 週一回beat-box責任者様に届く「稼動状況レポート」メールを確認する。 c. beat-box高度な設定ページから「アクセス履歴」内の[不正な通信対策履歴]を 詳細表示

    • ID:475
    • 公開日時:2018/02/15 14:11

    • basic
  • 「禁止アプリケーション」が検知された場合、どうすればよいですか。

    「禁止アプリケーション」は、beat-box責任者が、beat-boxを介した通信を許可しないように(あるいは記録をとるように)設定しているアプリケーションです。 業務上必要な通信である場合になどは、beat-box責任者様へお問合せください。 禁止アプリケーションの設定方法、ならびに注意事項に関しては、beat 詳細表示

    • ID:476
    • 公開日時:2018/02/15 13:54

    • basic

14件中 1 - 10 件を表示